『今更ながら韓国文在寅大統領とはいったい…』???

2019-08-09 投稿記事

まず…

韓国文在寅大統領が5日午後の首席・補佐官会議で発した談話である。

・南北間の経済協力によって平和経済が実現すれば我々は一気に日本経済に優位に追いつくことができる

・日本経済が我々の経済より優位にあるのは経済規模と内需市場

・日本政府はこれまで痛い過去を克服して互恵協力的な韓日関係を発展させてきた両国民に大きな傷を与えている

・過去を記憶しない国・日本という批判も日本政府が自ら作っている

・日本が自由貿易秩序を乱すことに対する国際社会の批判も非常に大きく、日本は経済力だけで世界の指導的位置に立つことができない点に気づかなくてはならないだろう

・大韓民国は道徳的優位を基に成熟した民主主義の上に平和国家と文化強国の地位をより高め、経済強国として新たな未来を開くだろう

はぁ~~??

知らんがな……

これが、わが国が韓国をホワイト国からの排除を閣議決定した3日後の談話であるのだ。……

わが国は支那や韓国の国力が未だ低かった当時から、両国の勝手な主張に対しても目を瞑り、云わば小遣いを与え続けて来たことは歴史の事実である。そうしたわが国から甘い汁を吸い続けてきた両国共、親が自分の気に喰わないことを云ったり行なったりした場合に八つ当たりをする子供が如き火病を発症させた。

それでもまだ支那の場合においての火病は、主たるものが官製のもので、罹患者は政府とその道具化した一部の人民に限られた。だがしかしである。此度の韓国の場合では官民一体となっているのである。支那共産国との違いは、支那があくまでも政府の計算に基づいたしばしば強請と結びついたものであった面があるのに対して、この度の韓国の事象は韓国内で大戦後続けられた反日教育が奏功した結果と思えることである。わが日本での団塊世代と等しく、韓国での戦後教育を受けた文在寅については就任以前から反日従北の姿勢が存した人物であると云われていた。これこそまさに本物であり、彼は反日教育の申し子なのであろう。大統領就任後も相も変わらず北を向き、その信念を発現させたが、彼が述べた「南北間の経済協力」なるものは国連の姿勢を無視するものだ。彼はそのような姿勢で各国を回り、殆どの首脳に相手にされなかったことにも無頓着である。また、選挙を経験し、デモをも行う韓国民を北朝鮮が素直に受け入れるかも疑問である。GDPが神奈川県程度の国がわが国より経済優位に立ち得るとした言など妄想にも程があるのだ。

わが国からすれば忌まわしき日韓互恵協力の過去を云うが、経済危機時にわが国が協力したことにも文句をつけて憚らない韓国がわが国に良きような結果が出たことがあったであろうか。文在寅は先年の日韓合意については流石に忘れてはいなかったが、元弁護士で法律を専門としながらこれを反故にまでし、国際条約の意味するところまでをも解していないのだ。密貿易を盛んに行っている国として他国にバレバレである韓国が自由貿易の秩序を云うとは笑止千万、片腹痛いことである。そのような人物であればこそ、「ホワイト国」から外された意味合いを理解することさえできず、また、情報機関が機能していないのか、安倍総理によるこの度の対韓政策を選挙対策と思い込んで国民を誤導もしたのだ。

・大韓民国は道徳的優位を基に成熟した民主主義の上に平和国家と文化強国の地位をより高める…

とは、自国を誤解するものである。

韓国が道徳的優位を謳うのであれば、国際条約・国際的国家間での約束を尊守し、密貿易国家または性産業輸出大国の評価を改めるべきである。また民主主義国家を云うのであれば言論の自由を認めるべきである。現政権に屈従しない検察官が大量に辞任したのは文在寅政権の非民主的独裁的姿勢に起因したのではないのか。また平和国家をも云うのであれば、いきなりのレ-ダ-照射や手続きを飛び越えた威嚇射撃などしないし、文化国家を云うのであれば、国際スポ-ツ大会での買収その他の不品行、外国の大使館や領事館の前に国の恥であるはずの親に売り飛ばされ売春をした自国の少女らしい像を設置したりはしないはずである。

ともあれ、文在寅率いる韓国は他国と同じ扱いになったと云うくらいで半狂乱している感が否めない。しかも韓国自らもわが国を「ホワイト国」から除外したにも拘らず文句と悪態と金の無心だけは続けているのだ。わが政府は天皇御即位の式の招待状を韓国にも送ったようであるが、韓国がその即位式への招待を拒否すること。また韓国国内を賑わしているらしい東京五輪不参加の声を実行してくれることを望んでいる。もはや韓国には良識派は存在していないようだ。

さて、宗主国様がお待ちである、元の鞘に収まる時が来たようである。