「金貸し支配路線・その原点は中曽根政権」

去る11月29日、中曽根元総理が逝去。101歳の大往生であった。… とされている。

中曽根はグアンタナモでもっと若くして亡くなったのではないのか??…

しかも「大勲位菊花章顎飾」授与だと… 全く持ってふざけた話である!!

さて、それはさておき…

中曽根政権は1982年 ~1987年。

長期政権かつ豊かさ実現以降の日本の枠組みを決定づけた政権である。

国鉄民営化、プラザ合意、消費税導入など、今なおその影響を日本の政治・経済に与え続けている。

もっとも終戦直後には、その後の国家の在り方そのものに影響を及ぼした巨大な政治家たちが数多く存在した。

吉田茂、岸信介、田中角栄、等々である。

この御仁等は、その経歴も含め一癖も二癖もある政治家達であったが、その強力な主導力で日本の復興と経済成長、安全保障といった戦後日本の方向性を良くも悪くも決定づけた。

もっともこの時代は復興と経済成長の途上であり、国際情勢も冷戦真っただ中の非常に不安定な状況。この中で国内も国益派と従米派の駆け引きの中で政治的緊張を保っていた。

だか、中曽根政権の時代は、豊かさ実現と日本経済の爛熟、そして米国中心の世界秩序が確立された時期だ。

この政権が確立した、国益無視、従米、金貸し支配の路線は、その後小泉政権、安倍政権に継承され現代も続いているのだ。

逆に言えば、現代に繋がる諸問題、不整合の原点こそが、この中曽根政権にあると言えるのである。

中曽根時代は決して「過去」のものではなく、現代まで脈々と受け継がれている事実なのだ。その継承の過程で、小泉政権や安倍政権が重要な役割を果たしており、かつその政権構造が非常に似ていることが分かる。

 小泉元総理と中曽根元総理に見る奇妙な共通点。

中曽根といえば当事、米国・レーガン大統領との仲を"ロン・ヤス"と呼び合えるほどの親密さが売りで、中曽根は対等に渡り合える政治家である事をアピールしたかったのであろう、その実は非常に疑問だ。

米国債を最初に購入したたのは中曽根である。

85年プラザ合意による円高・ドル安基調によりこの国債が10兆円近く目減りした。こんなものは序の口でプラザ合意がかのバブル経済の発端になったことは余りにも有名な話である。

さらに当時市場開放の圧力下で金融政策の自由化の名のもとに株式市場における"裁定取引"なるものを認めてしまった、これがバブル経済崩壊の直接的原因であったのだ。

ユダヤ系ヘッジファンドによる仕込みが’89年の年末に終わり、’90年の年始より日本の株式は大暴落、この結果150~200兆円もの資金が日本市場から泡となって消えた。

バブルはアメリカの意図のもとにつくられたと言っても過言ではないのだ。そのお先棒を担いだのが中曽根であるのだ。

 中曽根総理から小泉総理までの従米政治

「従米」の度合いは、米国の政権交代とともに深まっている。レーガン政権に対応したのが中曽根、竹下両内閣であった。中曽根政権のもとで、「円」が「ドル」に飲み込まれる経済的従米システムの第一歩となるプラザ合意が結ばれた。中心的役割を果たしたのが米国側はベーカー財務長官、日本側は竹下蔵相(後に総理)だった。

これが中曽根内閣以後の従米化の第一段階であった。

従米政治は、中曽根から始まり「従米」の度合いは、米国の政権交代とともに深まっていく。それでも従来の政権は、従米政策を躊躇しながら実行したが、小泉政権は自ら積極的に従米化を進めた。

これは、小泉政権の異常さを示している。

田中角栄政治と中曽根政治、福田政治との差異考

なぜ角栄が失脚し、中曽根がその後の政局を握ったのか。

これには秘密の要因がある。

その秘密とは… 角栄が現代世界を牛耳る国際金融資本ユダヤに終始距離を置き、中曽根が身も心もサインアップしていたことが分かる。ゆえに角栄が罠を仕掛けられ、中曽根は如何なる窮地でも救われたのだ。

国際金融資本ユダヤは角栄を恐れるあまり失脚せしめた。

中曽根は手駒に使うのに都合が良かったので利用され、褒美として大勲位の称号が与えられた。

ただただそれだけのことであるのだ。

「金貸し支配路線・その原点は中曽根政権」” への15件のフィードバック

      1. Ah ok. I found it thank you. Wow! Really interesting. I have to read more now to understand better. World politics is fascinating to me—especially right now. I am hopeful brighter days are coming for us all!

        いいね: 2人

  1. The God of Super Freaks でリブログしてコメントを追加:
    Unfortunately, this has been how a belligerent xountry had swallowed up sovereignty and peace of mind in all other xounrries with puppet lwaders and apart from Japan which still excels in all respects. Please dont talk about the impact on my xountry Nigeria or Africa as a whole. Welcome to hell in exonomix terms and we been going down and out sequentially with every waning. We need a leader who can ram his ideas into the empty US warchest of destroying world exonomies by reining them in to the detriment of the lower class worldwide “all of whom” the US economy doesn’t mind using as ‘cheap workers’.

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中