『1904年10月4日・ロンドンタイムズ紙』

極東のこの戦争(日清・日露戦争)を取り巻く状況には注目すべきことが多い。

中でも取り分け目立つのは…

“ミカド” 帝

の軍隊の勇気と戦いぶりである。我々は不本意ながら、日本の全ての人間の行動を支配し動かす、精神力の存在を認めざるを得ない。

この力はいったい何なのか??… その存在を感じると、

妬ましく

落ち着かず

腹立たしくさえある。

勇気は西洋にとっても珍しいことではない。

が、これは単なる勇気だけではない。

その背後にもっと違う『何か』がある。

もし、西洋の軍隊がそれを持っていたら、西洋の全ての国の軍旗は、絶対に汚されることは無かったであろう。

そうゆう『何か』である。

これは何か。

これは何か。

これは何か…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中