『我が国日本の安全保障上の重大事案』第二稿 2019-6-13

第一稿からの続きとなる。

さて、尖閣方面においては、支那海警局の船の航行が6月15日は確認されず、64日連続で途切れたと産経が報じた。

支那の艦船、漁船が、64日間連続で領海侵犯していたにも拘らず、これが途切れたのは果たして偶然であるのか??

仕掛けている勢力からの資金が他の工作に回されたのではないのか??…

産経ニュースによれば、6月20日、ロシア爆撃機、沖縄と八丈島で領空侵犯!!

とあった。

菅官房長官は、爆撃機の領空侵犯で「ロシア側の意図分析中」であるそうだ。

さて、ここ迄の一連の流れから見て気づく事は、何故か日本事案に結びつくものだ。これらは果たして偶然の一致なのであろうか。…

妄想・陰謀論レベルの仮説を立てたい。

・日本(安倍総理)に、米国とイランの緊張緩和の橋渡しをされると都合が悪い勢力がいる。

・尖閣諸島方面において、日支間を常に緊張状態に置いておきたい勢力がいる。

・平和条約締結交渉に向かいつつある日露関係の流れの中で、日露の緊張関係継続を望む勢力がいる。

露プーチン大統領「安倍総理が平和条約締結を望んでいることを確信」 国民との直接対話で!

産経ニュース

露プーチン大統領は、記者団に対し、平和条約締結を望んでいるかのような発言を行っているのである。

EPA時事より以下引用

「平和条約締結望む」=首脳会談前にロシア大統領

2019年06月21日

【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は20日、今月末の大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて開催予定の安倍晋三首相との首脳会談を前に「シンゾウもわれわれも皆(日ロ関係の)完全な正常化と平和条約締結を望んでいる」と述べた。国民とのテレビ対話後、記者団に語った。

<北方領土をめぐる日ロ交渉>

プーチン氏は日ロ首脳会談では「対話の継続」を期待していると表明。「何度も言っているが、ロシアは最終的な関係正常化を望んでいる。日本国民もロシア国民も関心があるし、われわれもこれを目指すつもりだ」と強調した。

一方で平和条約交渉が進展すると「最終決断が先送りされるような問題がたびたび起きる」とも述べ、交渉の難しさもにじませた。プーチン氏は北方領土問題を含む平和条約交渉をめぐり、日米の軍事協力が障害となっているとの考えをたびたび示している。

以上引用

我が国の領空を侵犯しておいて、対話の継続、平和条約交渉を口にするとは、どうした了見からの事であるのか?? と云いたい。

プーチンは、日本の実質的な支配者がどの組織・勢力であるのかを知っているのではないか??

プーチン大統領はロシアの支配者から指示され、日本の領空侵犯をロシア軍として請け負い、仕方なく領空侵犯した事を、対話を継続したいと言い訳の意味で言い換えていると考えたらどうであろうか??

支配勢力(スポンサー)の論理からすると、ロシアの領空侵犯目的は、イラン訪問時の日本タンカー襲撃事案についての日本国民の関心をそらすことにあるのではないか。経済的に困窮している?? と云われているロシアは、請け負うはずである。

国家財政的に厳しくなってきているはずの、支那海警局の船の航行が日本タンカー襲撃の直後に途切れたのは、日本を常に緊張状態に置いておきたい勢力が、支那海警局に渡していた資金をイラン方面での日本タンカー襲撃用に廻したからではないのか??

即ち、日本を常に緊張状態に置いておきたい勢力が存在し、通常は支那海警局に領海侵犯させ、安倍総理が(かの勢力の予想に反して)イラン訪問し緊張緩和の橋渡しようとした時は、日本タンカーを見せしめに襲撃させ、安倍総理帰国後、G20直前において、日露の首脳会談を失敗させる目的で日本の領空を侵犯させたのではないのか??

同じ事は北朝鮮にも当て嵌まる。

日本列島の真上を通過させるミサイル発射も、我が国を絶える事なく緊張状態に置いておく事により、国内に親米、親米軍派を増やし、日本に軍事機器を買わせる事を目論んでいると云う疑義があるのだ。

また同じく、これだけ大規模の作戦戦略を世界規模で発案し、資金力ある実働勢力はと云えば…

一つしかないことに気づくはずである。

おそらくであるが、実働部隊は「??? CIA 」!!

CIAと在日米軍は米国国内では別の組織として捉えられているが、我が国日本国内では「一体化???」として繋がっており「???」と云う事なのではないのか??

加えて、在日米軍人の会員が多いと云われる、日本のフリーメーソンは、これら組織を一体化して運用するための連絡調整機能を有しているのではないのではないか??…

日本国内に存在する米軍基地(130ヶ所)は日本を一瞬のうちに軍事制圧するためにあるとも囁かれているのだ。東京のど真ん中に横田基地 = ニセユダヤ人(白人ユダヤ人 = ハザール人)があり、総司令部でもあるのであろう。資金力がある実働勢力の資金源は、おそらく覚◯剤である。大東亜戦争の最中、帝国陸軍も大◯を支那で売り資金調達したと云われている。

日本政府が、ロックフェラー亡き後も未だに韓国政府に強硬姿勢をとれないのは、そう云うことなのではないか??

韓国内の当時をよく知る要人が、米国を支配する勢力に牛耳られた日本の実態を知っていて、上から目線でのおかわり案件を仕掛けているのではないのか??…

尤も最近では、余りにも使いものにならないため、韓国国家そのものが見捨てられつつあるのだが…

一言で申せば、米国(CIA、在日米軍)、支那、ロシアを支配する勢力が、これら一連の事案のスポンサーであり、米国、支那、ロシアを支配する勢力が、イランとの戦争によってひと稼ぎしたいとトランプ大統領に指示し、戦争がない時は日本に高い買い物(石油、軍事機器等)をさせるべく暗躍しているのではないかと云う事なのである。

以上が妄想・陰謀論レベルでの私見シナリオである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中