『詐欺・ナチス・宣伝の力』

“ State of Deception ”第一稿

ナチスを再考することを持ってして、現在のわが国周辺に蠢めく、共産主義国家に対するわが国民の危機感と意識の覚醒を望み、これを記したくなったものである。

・「宣伝は、専門家の手に渡る本当にひどい武器である。」 – アドルフ・ヒトラー、1924

20年の間に、ナチの宣伝派は巧みに彼らの「ひどい武器」を使ってドイツの若い民主主義の幅広い有権者支持を勝ち取り、党の独裁体制の下で過激なプログラムを実行し、そして戦争と大量殺人を正当化した。

詐欺の状態:ナチスの宣伝の目的は、ナチスがどのように世論を操作して目標を達成しようとしたかを調べるもので、その最終結果は600万人の組織的殺人を含む約5500万人の命を犠牲にした。

ホロコーストのユダヤ人の男性、女性、および子供たち。

・PROPAGANDA …

は、世論と行動を形成するように設計された偏った情報である。

その力は、次のものに左右される。

•メッセージ

•テクニック

•コミュニケーションの手段

•環境

•観客の受容性

・プロパガンダ…

•真実、半真理、または嘘をつく

•選択的に情報を省略

•複雑な問題や意見を単純化する

•希望する視聴者をターゲットに

民主主義におけるナチズムの販売

1918-1933

・ナチ党 – 曖昧さから優勢へ

第一次世界大戦でのドイツの敗北に続く、国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAPまたはナチス党)の混乱から生まれた。最初の10年間、ナチス党とその極端な民族主義的、人種差別的な、そして偽善的プラットフォームは比較的少数の支持者を集めた。国の新たに設立された民主共和国。 1929年以前は、ドイツの政治においては無視できるほどの要因であった。

1929年に大恐慌が発生したとき、ドイツの民主主義は事実上崩壊した。経済政策に関する意見の不一致は、左右の政治を急速に左右した。何百万人ものドイツ人は、経済的困難と政治的不安定の時代に訴えるナチスの宣伝の単純で具体的なメッセージを見つけた、そして、彼らはアドルフヒトラーを支持するために中心主義主流党を放棄したのだ。1932年の夏、ナチス党はドイツ議会の議席の40%近くを獲得し、議会で最大の政党となる。ナチスが大多数の有権者を勝ち取ることに成功したことは一度もなかったが、曖昧さから目立つことへの気象の上昇は比類のない偉業であった。

・ADOLF HITLER:プロパガンダ奏者と公的画像

ドイツ共和国の末期におけるナチ党の成功は、そのリーダーであるアドルフ・ヒトラーの魅力とその政治的メッセージによるところが大きい。オーストリア生まれのヒトラーは1919年9月に30歳で党に加わり、すぐにその地位を上回り、宣伝の最初のディレクターになる。演説者としての彼の技量は党の知名度を高め、新会員を引き付けたのだ。何千人ものリスナーがヒトラーの激しいスピーチがドイツの若い共和国を非難し、ドイツのユダヤ人を国家の問題であると非難し、第一次世界大戦を引き起こした罪を認めるようにドイツを強制したヴェルサイユ平和条約(1919)勝利した連合国勢力への大規模な賠償金。…

ヒトラーは1926年にプロパガンダディレクターとしての地位を放棄したが、政治的メッセージングに関する彼の考えは1945年までナチスの戦略に影響を与え続けた。

・NAZI BANNER:商標の鍛造

1920年に、ヒトラーは黒、白、そして赤の古いドイツの帝国色でナチスの旗をデザインして、その中心にhakenkreuzとしてドイツで知られている数字を設定した – 「フック十字架」。

それはスワスティカと呼ばれ、幸運を象徴していたインドの古代「アーリア人」文化と密接に関連しているものだ。ヒトラーは、視覚的に逮捕された旗は党の闘争の典型であり、ユダヤ人や他の「劣った」人々の危険からドイツの「優れた」「アーリア人」の民族を守ると云うその使命を強調しなければならなかった。

他の右派のアンチセミティックグループが以前にスワスティカを使用していたが、ヒトラーがそれを採用した結果、ナチ党のためのユニークな商標が生また。時間とともに、それは憎しみの永続的な象徴となったのである。

・選挙キャンペーン:ターゲットオーディエンス

選挙運動に備えて、ナチ党は、ブルーカラー労働者、ホワイトカラー労働者、中産階級、女性、農民、若者のニーズ、希望、そして不安を探るために草の根世論調査を実施した。ナチスの宣伝担当者はそれに応じてメッセージを注意深く調整し、人身売買の多い地域に掲示された魅力的なスローガンで目を引くポスターを作成するためにプロのグラフィックアーティストを雇いもした。

多数のナチスが所有する新聞もキャンペーンメッセージと党のイデオロギーを広めた。このようにして、ナチスはその支持者を広げ、彼らの競争相手からの支持を引き出すことに成功した。

ナチスの宣伝は、ユダヤ人を除く地域、階級、宗教にかかわらず、すべてのドイツ人から党の支持を求めた。ナチスのイデオロギーによって、分離された異星人の「人種」として定義されたユダヤ人は歓迎されず、悪質な政治的攻撃の標的とされたのだ。

・選挙運動:大統領府を探す

大恐慌による政治的麻痺はナチ党の人気の劇的な増加と相まって、1932年春にヒトラーがドイツ大統領に立候補する道を開いた。現代の様々なマーケティング手法を用いた宣伝キャンペーンは、ヒトラーを次のように描写した。強くて決断力のあるリーダーであり、何百万という失業したままにされたドイツ人に訴えられ、大恐慌によって窮地を脱した。

最初の選挙とその後の決勝票の両方で、ヒトラーは現職の大統領、ポール・フォン・ヒンデンブルクに2番目に入ったが、彼の合計は30%から37%に上昇した。選挙に敗れたにもかかわらず、ヒトラーとナチ党はドイツの民主主義の衰退において政治的影響力を獲得した。

1932年の大統領選挙で、ナチス党はドイツの航空会社であるルフトハンザから飛行機を借りて、観客を感動させた小説を発表した。彼の空中キャンペーンで、ヒトラーはおよそ200万の集会で、約1000万から1400万人の人々に話しかけた。彼の主な対戦相手であるポール・フォン・ヒンデンブルク長老は、国のラジオアドレスを1つだけ作成し、演説を比較的少くした。

なぜ多くのドイツ人がナチプロパガンダに買ったのか?

大恐慌の発生に伴い、何百万ものドイツ人がナチ党に投票するために彼らの以前の政治的忠誠を放棄したからだ。ドイツの政党が実行可能な連立政権を形成することができなかったことと相まって、悪い経済時代は広範囲にわたる有権者の不満をもたらした。多くの有権者は、貧困と革命的な共産主義を恐れてヒトラーに頼ったのだ。農民たちはナチの約束に応えて、彼らの故郷を守った。ヒトラーの極端なナショナリズムは、ドイツの失われた領土と軍事力を取り戻そうとした若いドイツ人を含む多くの観客と共鳴したのである。

ナチ党の反ユダヤ主義は右翼の過激派に訴えたが、ヒトラーの支持者全員には訴えなかった。地域のナチグループは、「ユダヤ人の質問」に対する地元の公共の関心を評価し、それに応じて宣伝を調整した。ナチスの反政治的プラットフォームは党に大規模な大量支持を得たことはなかったかもしれないが、それはどちらも多数の有権者をも恐れさせなかった。彼らはそのユダヤ人に対するイデオロギーと人種差別を見落としても構わなかったのだ。

・アドルフ・ヒトラー – 首相

1933年1月30日、プロパガンダはナチス党の人気を高めたが、選挙政治ではなく、裏切りの政治的取り決めがヒトラーを首相にした。次の選挙で議会の過半数を確保することで、自らの政治的キャリアを強化し安定を達成する。ヒトラーを支配し、彼の党の過激主義を抑制するため、主にドイツの保守的な政治家とわずか3人のナチ人のメンバーで構成される連合政府が設立された。これらの計画は効果がないことが証明され、ヒトラーはすぐに彼の番犬を凌駕した。

プロパガンダと独裁者の解釈

1933-1939

・ナチドイツのティラニーとプロパガンダ

一等書記官になったすぐ後、ヒトラーは国家の力と党の準軍事組織であるSAとSSを使って、政治的反対者を脅し、残忍にし、迫害した。 たった6か月も経たぬうちに、ドイツの民主主義は破壊されてしまったのだ。政府は一党独裁政権へと変貌し、表現の自由、報道、集会などの基本的市民権は停止された。警察当局は「国家の敵」と見なされた人々を投獄するために強制収容所を設置し、政権はすぐに反ユダヤ人政策を実行し始めた。

第三帝国のナチス宣伝は、ドイツ共和国とはかなり異なる機能を果たした。他のすべての政党が違法となり独裁体制が整ったため、ナチ党はもはや選挙に異議を唱える必要がなくなった。代わりに、政権の宣伝者は、ヒトラーを支持しなかったドイツ人の60パーセント以上の支持を勝ち取ることと、ヒトラーの国内および外交政策のために全国的なコンセンサスを築くことに集中したのだ。

・独裁者の武器:メディアの管理

1933年にヒトラーが政権を握ったとき、ドイツはマスコミの世界的リーダーとなっていた。それは他のヨーロッパのどの国よりも多くの新聞を作り出し、そしてそれはラジオとテレビの両方の開発における先駆者でもあったのである。その国際的に高い評価を得ている映画産業も世界最大級にランクされていたのだ。

ヒトラーが首相になって数ヶ月以内に、ナチ政権は国の自由な報道を破壊した。それは何百もの野党新聞を閉鎖し、ユダヤ人が所有する出版社を非ユダヤ人に強制的に移し 、そして密かに確立された定期刊行物を引き継いだ。政府の新しい啓蒙省宣伝部からの毎日の指示は、懲戒刑、地位の喪失、または懲役刑の下で何を公表することができるかどうかを決定した。ラジオ、映画、ニュース、演劇、そして音楽の監視は直接プロパガンダ省に委ねられていた。プロパガンダ省はこれらのメディアを使ってナチスのイデオロギーを売りに売ったのである。

・団結と秩序の鍛錬:ヒッターカルト

1933年1月の後、ナチの宣伝者はヒトラーを党首から「新しい」ドイツ国家の擬人化に変え、彼の姿をいたるところに掲載しまくった。彼らは注意深く彼の公共のイメージを拡大させ、強大さとドイツへの熱意を広めることにつとめた。彼は、政治的な分裂から国を救い、安定をもたらし、雇用を創出し、そしてドイツの自信を取り戻した、若くてダイナミックで、才能のある政治家として描かれたのだ。

ドイツ国民には、調達されたナチスの敬礼の礼拝と「Heil Hitler!」のあいさつの宗教的なデモンストレーションで、リーダーのDerFührerに忠誠を捧げることが期待されていた。服薬遵守違反は棄権の合図であり、政権とその指導者に対する批判は投獄の根拠であったのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中