ゴッホが愛した「日本の浮世絵」

江戸時代に日本で描かれた浮世絵作品は当時、西洋の印象派の画家たちに大きな影響を与えたとされる。オランダの印象派画家・フィンセント・ファン・ゴッホは、日本の浮世絵を模写したり浮世絵の画法を取り入れた作品を描くほか、浮世絵のコレクターであったことでも知られている。

ゴッホの代表的な作品「タンギー爺さん」のように、ゴッホは作品の中に模写した浮世絵作品を多く取り入れたりもしたが、浮世絵コレクターとしても有名である。実際にゴッホの身の回りには多くの浮世絵が広げられていたと云われている。

ゴッホの画廊の屋根裏には数千枚もの浮世絵がコレクションされていたそうで、ゴッホは高価な版画よりも色彩や主題が魅力的な作品を好んでコレクションしていたそうである。

ゴッホ美術館では浮世絵コレクションを公開すると共に、ゴッホは浮世絵からどのようにインスピレーションを得ていたのかを考察するページも公開している。

このページがかなり充実していて面白い。

公開されている浮世絵作品は600枚を超え、すべて無料で高画質ダウンロードができるようになっている。浮世絵一覧ページでは絵師やジャンルごとに絞り込んで閲覧することも可能になっているのである。

以下一部図柄のみ

ゴッホの浮世絵コレクションを、オランダのゴッホ美術館がVan Gogh collects: Japanese Printsというページでオンラインで公開している。日本語ページもあるのでありがたい。是非堪能して頂きたいと思う。

・リンク

https://www.vangoghmuseum.nl/ja/japanese-prints?v=1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中